アウトドア女子のキャンプ×登山ライフ

【キャンプ用品】ランドロックで薪ストーブ使ってみた!【幕よけ自作】

キャンプ

こんにちは!

キャンプは夏より冬派の、ささ(@ssk_camp)です!

ささ
ささ

キャンプを始めて約2年目・・・

「冬キャンプいいな〜薪ストーブいいな〜」と。

でも薪ストーブは少し敷居が高いイメージが、、

そして、悩んだ末に薪ストーブを購入しました!とても暖かくなるし、薪ストーブ料理も楽しくて、冬キャンプが大好きになりました♪(もはや夏より冬に行きたい。笑)

ささ
ささ

今回は「幕よけ」を自作して

ランドロックで実際に使用した様子を紹介します♪

【この記事はこんな人におすすめ!】

  • ランドロックで薪ストーブの設置を検討している方
  • ランドロックで幕よけを自作したいと考えている方

薪ストーブキャンプを始めよう!

2019年ふもとっぱらにて

薪ストーブは「難しい」と思っていたけど、注意点をしっかり守れば誰でも使える!と感じました♪

購入した薪ストーブ

今回購入した薪ストーブは新保製作所の「ミニ薪ストーブ”チョッパー”」

埼玉県にある「火とアウトドアの専門 iLbf」さんで購入しました。

使用するテントを伝えるとテントに合わせて設計(有料)してくださるので、関東で薪ストーブを購入する際は、ぜひ行ってみてください♪たくさんの薪ストーブが置いてあるので、見るだけでも楽しくてよく行きます。

※薪ストーブの詳細レビューは後日アップします。

幕よけを自作する

薪ストーブをテント内で使用するためには、煙突を外に出す必要があります。テントによっては、穴があいているものもありますが、ランドロックに穴を開ける勇気はさすがにありません。。

そこで煙突を横から出すために「幕よけ」を自作しました!幕よけは、販売もしていますが意外と高かったので自作しました。簡単に作れますよ♪

⬇今回自作した幕よけです。何度か使用しているため汚れていますが。。

組み立て前
組み立て後
アップ(下書きがそのまま笑)
4箇所ネジ留めして合体させます。
後ろから見た感じ
煙突を通す部分

サイズは、お使いのテントと薪ストーブの大きさや高さによって変わってくると思います。実際にテントを立てて調整しながらサイズを合わせました。煙突を通す部分は、ピッタリにしてしまうと危険なので、大きめに穴を開けました。

【ランドロック&脚付きチョッパーの場合の参考のサイズ】

横45cm×縦68cm 厚さ1cm 2枚

横45cm×縦3cm 奥行2cm 2本

横60cm×縦58cm 厚さ1cm 1枚 

もし需要があれば詳しい作り方も載せようかと思います!

ランドロックで使ってみた感想

2019年12月30日〜ふもとっぱらキャンプ場で使用しました。

風が強くなることがあるので、煙突をしっかり固定。

ここのキャンプ場は標高が高いため、早朝は−8℃まで下がりました!

ランドロックは幕内がかなり広いため、夜と朝は薪ストーブのみだと少し足りなかったと感じました。灯油ストーブも点ければ薄着でも過ごせるくらいになりました♪

昼間は薪ストーブだけでも、幕内は20℃近くまで上がり、ぬくぬくでした!

暖かい幕内で燃える薪を眺められるのは、とても最高でした〜。パチパチとした音にも癒やされます。オガライトも使うと火が長持ちします!!

見てるだけで暖まる…

テント内で安全に使用する方法

✔一酸化炭素中毒にならないよう、一酸化炭素チェッカーを幕内に設置

✔煙突内にススが溜まっていないか、使用する前に確認する

✔一泊以上する場合は、毎日煙突掃除をする

✔定期的に換気をする

他にも火事にならない対策をする等、細かい注意点があるので必ず確認をしてください。

ランドロックは薪ストーブ用ではないので、よく注意して自己責任でお願いします。就寝時は必ず消しています

まとめ

薪ストーブは敷居が高いと思っていましたが、最近は使用している方も増えてきて、参考になるサイトがたくさんあるので、ぜひ挑戦してみてください!

注意点が多く、撤収時には煙突掃除の必要がありますが、寒い時期にわざわざ外で焚き火しなくても燃える薪を楽しめるし、料理の幅が広がるのでとても良いです。

これから、いろいろな薪ストーブ料理にも挑戦してみようと思います♪

ランドロックで薪ストーブの購入を検討されている方の参考になれば嬉しいです。

薪ストーブでピザを焼きました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました