アウトドア女子のキャンプ×登山ライフ

【登山記】初心者にもおすすめ!北アルプス唐松岳2日目【小屋泊&レンタカー】

登山

唐松岳2日目

本記事は、唐松岳登山2日目の記録になります!

1日目はこちらからご覧ください♪

今回のコースと所要時間

日程:2020年8月1日(土)〜2日(日) ※もちろん感染対策はしっかり行いました。

今回は「八方アルペンライン」を利用し、山小屋で1泊しました。泊まりで時間に余裕がある為、休憩&撮影タイムを多く取り、ゆっくり歩きました♪

行き➜八方池山荘(45分)八方池(1時間15分)扇雪渓(1時間45分)唐松頂上山荘

休憩含む3時間45分

帰り➜唐松頂上山荘(1時間5分)扇雪渓(50分)八方池(30分)八方池山荘

休憩含む2時間25分

山頂は大パノラマの絶景!朝焼けも美しい!

唐松岳山頂へは山荘から約15分!山頂で日の出を見るために、4:30に出発しました。まだ外は暗いためヘッドライトは必需品です。服装は、8月でもとても寒いので、ハードシェル+薄めダウン+手袋など完全防寒で行きましょう。

日が昇ってきて、周りの景色が刻々と赤く染まっていく…そしてあっという間に登頂!

5:00頃、太陽が見えました。改めて太陽のすごさと、ありがたさを感じれる瞬間。後ろを振り返ると剣岳・立山連峰も赤く染まっていました!

険しい不帰ノ嶮が赤く染まる瞬間も。うつくしい〜

五竜岳もしっかり撮影。唐松岳は本当に360度見渡せる大パノラマの絶景でした♪

ちなみに、山荘から5分程の裏山からのご来光&夕焼けもオススメだそうです!

山荘で朝食をいただく

小屋に戻って、ありがたい朝食をいただきます。(朝食の時間も、小屋にチェックインした順でいい時間が埋まっていくので早めに到着することをオススメします。)食堂からは、唐松岳と立山連峰も見えて最高の景色〜♪

2日目は天気が良く、唐松岳も剱岳もバッチリ!2020年は梅雨が長引き、ここまで晴れたのは久しぶりだそう。

八方池からの白馬三山も絶景♪

1日目に見られなかった八方池からの白馬三山も、今日なら見れるはず!と、急いで準備して下山開始。

あまりの天気の良さに、撮影が止まらないけど足早に下山をする、、

五竜岳方面も。かわいいチングルマが咲いてました♪

どんどん上がってくる雲に焦りながら、足早に下山して2時間後、8:30頃に八方池到着。やっぱり雲で見えないか〜と残念に思っていたら、突然雲がなくなり念願の白馬三山が見えました!

八方池から見る白馬三山、想像以上に大きくて迫力満点でした。これを見に来るだけでも、ここに来る価値ありですね!ここまでならナイトハイクも挑戦できそうなので、また挑戦しに行きます♪

下山後は、うさぎ平のおしゃれカフェでリフレッシュ

登山の疲れを癒やしに、うさぎ平でちょっと寄り道♪

Hakuba Mountain Beach(ハクバ・マウンテン・ビーチ)という「山の上のビーチリゾート」がとってもお洒落な空間でリフレッシュできました!

今回かかった費用(交通費・宿泊)

最後に、今回かかった主な費用をまとめてみました。レンタカー代はどうしても高くなりますね、、

①レンタカー:タイムズカーシェアでベーシックタイプの車を借りました。ガソリン代が不要の代わりに、6時間超えのため距離によって料金が追加されます。時間料金9,680円(44時間59分)+距離料金10,176円(約630Km)+安心補償サービス330円=20,186円

②ETC:中央道(高井戸)〜長野自動車道(安曇野)休日割引適用で往復7,820円

②八方アルペンライン:大人1名 往復2,980円

③山小屋宿泊:1泊2食 11,800円(1人)

合計:42,786円

一緒に行く人数が多ければ安くなりますが、少人数だと高くなるので、やっぱり登山バスが便利だと感じました。

最後に

唐松岳は、そこまでツラい登りがなく、道中の景色もいいので気持ちよく登山することができました。危ない箇所も少ないので、アルプス初心者の方におすすめできる山ですね!八方池からの白馬三山や頂上からの大パノラマの絶景には、とても感動しました。もう少し知識や技術を身につけたら、五竜岳へ縦走するコースも挑戦してみたいと思っています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました